女性の抜け毛を予防するための正しいシャンプーの仕方 | 抜け毛110番

MENU

女性の抜け毛を予防するための正しいシャンプーの仕方

抜け毛を予防するためには、高価な育毛シャンプーを使うことよりも、正しいシャンプーの仕方を身に付けることの方が大切です。
頭皮に優しいシャンプーの仕方を覚えて、抜け毛を予防しましょう。

 

シャンプーの仕方が悪いと、抜け毛は増える?

 

シャンプーの仕方が悪いと、抜け毛は増える? | 抜け毛110番

 

シャンプーの仕方が悪いと頭皮環境が悪化していき、抜け毛が増える原因の一つとなります。

 

普段何気なく行っているシャンプーですが、自分が抜け毛の原因となるような間違ったシャンプーの仕方をしていないか、チェックしてみましょう。

 

  • 42〜43度くらいの熱いお湯が好き
  • 強めのシャワー圧が好き
  • 乾いた髪にシャンプーをつけている
  • 髪の毛はさっと濡らしてすぐにシャンプーをしている
  • シャンプーを地肌につけて泡立てている
  • 泡立たないと思ったらすぐにシャンプーを足して、3プッシュ以上使っている
  • リンスを地肌につけている
  • リンスはあまり流さないようにしている

 

いかがですか?
え、それってダメなの?と思うような項目があったら、続きをしっかり読んで正しいシャンプーの仕方をマスターしてくださいね。

シャンプーで抜け毛予防するなら、頭皮を洗おう!

シャンプーで抜け毛予防するなら、頭皮を洗おう! | 抜け毛110番

 

正しいシャンプーを覚えて抜け毛予防がしたい!と考えるのであれば、シャンプーは髪の毛ではなく、頭皮を洗うのだという感覚を持ちましょう。
抜け毛予防のためには、頭皮環境を清潔に保つことが重要になります。

 

シャンプー前のブラッシングで余分な抜け毛を取り除く

 

シャンプーで抜け毛予防するなら、頭皮を洗おう! | 抜け毛110番

 

シャンプー時には指に抜け毛が絡みついてくるので、抜け毛が発生していることを特に時間しやすいタイミングですが、本来抜け落ちるはずの髪の毛は、シャンプー前にブラッシングをしてある程度取り除いておきましょう。

 

こうすることで、シャンプーをした時にしっかりと汚れを落とせるようになります。

 

シャンプー前に予洗いをする

 

シャンプーで抜け毛予防するなら、頭皮を洗おう! | 抜け毛110番

 

次に、髪の毛を予洗いします。ここで重要なのは、髪の毛を濡らすのではなく、頭皮をしっかりとぬるま湯で「洗う」という意識を持つことです。

 

目安としては2〜3分、しっかりと頭皮と髪の毛を洗いましょう。湯シャンという言葉も流行っている通り、お湯で頭皮の汚れは8割落とせるとも言われています。この予洗いがきちんとできているかどうかで、シャンプーの効果が変わってきます。

 

この時のお湯は38度前後のぬるま湯、弱めのシャワー圧で、指の腹を上手に使って優しく洗いましょう。

 

髪の長い人はシャンプー前に毛先にトリートメントをつける

 

シャンプーで抜け毛予防するなら、頭皮を洗おう! | 抜け毛110番

 

これはちょっとした裏技的なものになりますが、髪の長い女性であれば、シャンプーをする前に傷みの気になる毛先にだけ先にトリートメントをつけるのがおすすめです。
シャンプーの目的は汚れを落とすことですから、毛先に関しては湯シャンで十分に落ちていることが多いのです。(整髪料をつけている場合を除く)

 

せっかくカラーリングした髪の毛を長くもたせたい!いつも色落ちが早くて困っているという方は、ぜひ試してみてください。

 

シャンプーは手のひらで先に泡立てる

 

シャンプーは手のひらで先に泡立てる | 抜け毛110番

 

シャンプーはそのまま地肌につけて洗ってはいけません。
手のひらにシャンプーをつけたら、しっかりと手のひらを擦り合わせて泡立てましょう。
シャンプーの色が変わって白っぽく、泡立つまで行います。

 

シャンプーの泡を美容院のように泡立たせるには

 

抜け毛予防のためには、頭皮をゴシゴシ洗ってはいけません。余計に抜け毛が増えてしまいます。
やさしく頭皮をあらうためには、美容院のようなふんわりした泡を作りましょう。

  • 予洗い
  • 手のひらで泡立たせる

以上の二つのステップをしっかり踏んでいれば、ふんわり泡ができやすくなります。さらに、髪の毛につけた後は、「空気をふくませるように」クシュクシュとしてみましょう。

 

泡立ちの様子を見ながら、お湯を少し足してみるとさらに泡立ちます。それでも泡立ちがイマイチな時に、最後の手段としてシャンプーを足してみましょう。

 

いつもなかなか泡立たない・・シャンプーを付け足し付け足し3プッシュ以上使ってしまうという人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ショートカットであれば1プッシュ、
肩ぐらいの長さであれば2プッシュ、
ロングの人であれば3プッシュぐらいが目安です。

 

あれ?いつもそれより多く使ってる・・という人は、使いすぎです。

 

シャンプーの量自体を使いすぎていると、すすぎ残しが発生しやすくなり、成分が頭皮に残って刺激となるので使いすぎには注意です。

 

シャンプーで頭皮をマッサージして、抜け毛予防!

 

首から頭頂部に向かってモミモミするように、頭皮をマッサージしながらシャンプーしましょう。
2~3分間を目安に頭皮をマッサージして、汚れを浮き上がらせます。同時に血行を促進することで、ヘアサイクルが正常になるよう、働きかけます。

 

ヘアワックスやヘアオイルなどの整髪料をつけている人は、シャンプーで二度洗いをしましょう。1回目は髪についたスタイリング剤を落とすイメージで、2回目のシャンプーの時に頭皮をマッサージしながらシャンプーを行います。

 

 

>>詳しいマッサージの記事はこちら

 

 

シャンプーのすすぎは洗いの倍の時間をかける

 

シャンプーのすすぎは洗いの倍の時間をかける | 抜け毛110番

 

しっかり汚れが浮き上がってきたら、よくすすぎます。このすすぎが適当になってしまうと、シャンプーの成分が頭皮に残ってしまいダメージにつながります。

 

美容院では最低1分以上の時間をかけてすすいでくれますが、自分で行う時は「洗いの倍の時間をかけよう」ぐらいの気持ちですすぐと、しっかりとすすげます。
ヌルつきがとれて髪の毛がキュッとなれば、きちんと洗い流せている証拠です。

 

リンスやコンディショナーは髪だけにつける

 

シャンプーは汚れを落とすために行うものなので、シャンプー後は髪の毛のキューティクルは開いた状態になっています。そこで、キューティクルを落ち着かせて指通りをなめらかにするために、リンスやコンディショナーを使います。

 

髪の毛がキシキシした状態だと絡まりやすく、抜け毛や切れ毛の原因になります。リンスやコンディショナーを使って髪自体をしっとりサラサラな状態に保ち、絡まりづらい状態を維持しましょう。

 

リンスやコンディショナーもしっかりすすぐ

 

頭皮にはつけていませんので、シャンプーの時ほどすすぎに時間をかける必要はありませんが、リンスやコンディショナーもしっかりとすすぎましょう。

 

正しいシャンプーの仕方で抜け毛を予防しよう!

正しいシャンプーの仕方で抜け毛を予防しよう! | 抜け毛110番

 

いかがでしたか?
毎日のシャンプーの仕方一つで、抜け毛の予防につながります。いつまでもトップふんわり、サラサラな髪の毛で素敵な大人女性を目指しましょう。

 

 

>>おすすめのシャンプーランキングはこちら