シャンプーのきしみで抜け毛が増える?我慢して放置は危険? | 抜け毛110番

MENU

シャンプーのきしみで抜け毛が増える?我慢して放置は危険?

シャンプーのきしみで抜け毛が増える?我慢して放置は危険? | 抜け毛110番

 

ノンシリコンシャンプーやオーガニックシャンプーに変えたら、なんだか以前よりも髪の毛がきしむ!

 

頭皮に優しいシャンプーに変えたつもりが、抜け毛が増えるのはなんで?

 

今回は、シャンプーのきしみと抜け毛との関係についてみていきましょう。

 

ノンシリコンシャンプーはきしみ、抜け毛の原因に?

 

肌や頭皮、髪にやさしいということで、ノンシリコンシャンプーやオーガニックシャンプーを選ぶ人は多いですが、使ってみたら髪がバサバサになってしまったり、きしみやすくなってしまうということもあるようです。どうしてきしんでしまうのでしょうか?

 

ノンシリコンシャンプーとは

 

シャンプーのきしみで抜け毛が増える?我慢して放置は危険? | 抜け毛110番

 

ノンシリコンとは、髪をコーティングするジメチコン、シクロメチコン、シロキ、シリカ、メチコンなどの成分が入っていないシャンプーのことです。
髪をコーティングする成分が含まれていないので、髪を熱から守る力が弱かったり、髪に艶が無くなったり、きしんだりもしますが、シリコンシャンプーに比べて洗浄力が弱めで、肌に刺激を与えたりダメージを与えたりする成分が含まれていないものが多いです。

 

ノンシリコンシャンプーがきしむ理由

 

シリコンは、キューティクルに付着してコーティングするので、手触りが良くなったり艶を出したりする効果があります。
シリコンの入っていないノンシリコンシャンプーは、「髪の汚れを落とす」ことに特化しているので、髪をコーティングすることもなく、髪のダメージ部を守ることもありません。髪の毛がきしんだり、パサついたり、指どおりが引っかかったり、まとまりが悪かったりするので、仕上がりがあまりよくないというデメリットがあります。
また、リンスやコンディショナーなどで補う必要も出てきます。

 

シリコン入りシャンプーは抜け毛を気にする女性の頭皮に悪い?

 

シャンプーのきしみで抜け毛が増える?我慢して放置は危険? | 抜け毛110番

 

シリコンを使うと毛穴に詰まったり、頭皮ニキビの原因になるという話がありますが、そんなことは無いようです。シリコン自体は決して悪者ではなく、安全な物質です。「頭皮に悪い」という具体的な根拠もありません。

 

シリコンは悪ではない

 

シリコンは、スキンケアやヘアケアに広く使われているもので、決して成分的に悪いものではありません。シリコンシャンプーが悪いのではなく、艶や手触り追求するあまり、過剰にシリコンを入れてしまっているシャンプーが問題なのです。
多すぎるシリコン剤の影響で、髪の根元がつぶれたり、頭皮に過剰にシリコンが付着したりして、落ちにくくなってしまうと頭皮環境の悪化につながることもありますが、シリコンシャンプーが、ノンシリコンのものに比べて、コントロールしやすい髪に仕上げてくれるのは事実です。

 

シリコンシャンプーのデメリット

 

シリコンシャンプーは、洗浄力が強く、そのことで頭皮にダメージを与えてしまうことがあります。
また、シリコンには髪のボリュームを抑えてしまう働きもあるので、髪をふわっと立ち上げたいという人には、適していないかもしれません。さらに、シリコンは保湿性の高い油分でもあるので、皮膚が敏感な方や、頭皮の油分が気になる人も控えた方が良いでしょう。
シリコンは髪の毛をコーティングして、保護するので、パーマがかかりにくくなったり、カラーが染まりにくくなることもあるようです。

 

強い洗浄成分が問題

 

シャンプーのきしみで抜け毛が増える?我慢して放置は危険? | 抜け毛110番

 

シャンプーの一番の目的は「洗浄」ですが、シリコンシャンプーは、一般的に洗浄力が強い為に頭皮にダメージを与えやすくなっています。シャンプーを選ぶ時は、頭皮環境を悪化させない洗浄力がマイルドで安全性の高いものを選ぶことが必要です。

 

高級アルコール系(石油系合成界面活性剤)

 

一般的によく使われているシャンプーのほとんどが高級アルコール系のシャンプーです。低価格なものが多く、成分に香料が含まれているため香りも良く、泡立ちも良いのが特徴です。ただ、シャンプーを構成する界面活性剤に人工的に作られた石油系の合成の界面活性剤を使っているので、皮膚に刺激を与えると言われています。肌バリアを壊したり、肌の炎症の原因になったりすることもあります。
また、石油系の合成活性剤は、洗浄力・脱脂力・殺菌効果が非常に強いため、過剰に頭皮の皮脂を落としてしまうため頭皮の乾燥やかゆみ、炎症などの肌トラブルにつながりやすいとも言われています。
なお、「高級アルコール」とは、価格が「高価」という意味ではなく、アルコール分子中の炭素が6つ以上含まれているもののことを指します。逆にアルコール分子中の炭素の数が5つ以下のものは「低級アルコール」と言います。低級アルコールの性質が水性であるのに対し、高級アルコールは油性の性質を持っており、泡立ちが良く、洗浄力も高くなるのです。

 

石鹸シャンプー

 

石鹸シャンプーの多くには、洗浄成分として天然由来の油脂や、脂肪酸にアルカリを反応させて作られた界面活性剤(石けん)が使われており、安全・自然志向の人に好まれます。弱アルカリ性で、洗浄力も強く、毛穴の汚れも落としてくれるので、頭皮が脂っぽい人に適していますが、乾燥肌やアトピー肌といった皮脂が少なめの人が使用すると皮脂を落とし過ぎてしまうことがあるので注意が必要です。

 

シャンプーのきしみを放置すると抜け毛は増える?

 

 

シャンプーのきしみで抜け毛が増える?我慢して放置は危険? | 抜け毛110番

 

髪がきしむと、ブラッシングも大変ですし、切れ毛・枝毛の原因にもなります。また、からまりやすい髪を無理やりブラッシングすることで、毛根が傷ついて、頭皮にダメージを与えてしまい、抜け毛につながってしまいます。

 

きしむ方が髪に良いはウソ

 

過剰なコーティングをしているシリコンシャンプーからノンシリコンシャンプーに変えた際にきしんだりすることを髪が本来の状態に戻っているのだから良いという考え方もありますが、髪がきしんでいるということは、髪の毛同士がこすれあって摩擦がおきている状態なので、髪の毛のキューティクルにとって大きなダメージになります。

 

指通りが悪く、頭皮にダメージを与える

 

きしんだ髪は、絡まりやすく、指通りやくしの通りが悪くなるので、必要以上に髪を引っ張ることが多くなり、頭皮に与えるダメージも大きくなってしまいます。当然抜け毛も増えてしまいます。

 

ドライヤーの熱に弱い

髪がきしんでいるということは、髪の毛がコーティングされていない状況だということです。また、濡れている時は、キューティクルが開いた状態になっていることが多いので、きしむような髪の状態でドライヤーを使うと、ドライヤーの熱の影響をもろに受けることになり、傷みやすいです。

 

シャンプーのきしみで抜け毛が増えやすい女性とは?

 

シャンプーのきしみで抜け毛が増える?我慢して放置は危険? | 抜け毛110番

 

きしんでいるということは、キューティクルが開きやすい状態で髪の毛同士がこすれあい、摩擦がおきているということです。
そのため、髪に大きなダメージを与えることになります。特に髪の毛が傷んでいる人は抜け毛につながります。

 

カラーリング・パーマをしている女性

カラーリングやパーマをする際の薬剤は頭皮にダメージを与え、髪の毛が弱る原因となります。弱った髪の状態でのシャンプーは、それだけでもダメージを受けやすいです。さらに、きしんだ状態でシャンプーすると、きしむせいで髪が引っ張られ、ただでさえ毛根が弱っている薄毛女性は余計に髪が抜けてしまいます

 

きしみで抜け毛が増えないようにするには

きしみで抜け毛が増えないためにも、シャンプー後のケアや乾かし方などには気を付けなければなりません。

 

ノンシリコンやオーガニックシャンプーはきしむ、はもう古い?

 

シャンプーのきしみで抜け毛が増える?我慢して放置は危険? | 抜け毛110番

 

ノンシリコンシャンプーやオーガニックシャンプーを使用すると髪がきしんでしまうという人が多いですが、これは、それまで使っていたシリコン入りシャンプーで髪の表面に張り付いていたシリコンが剥がれるためにきしんだように感じるだけのようです。
実際の髪はそれだけ傷ついていたということなので、ノンシリコンシャンプーに変えたばかりの頃にきしみを感じてしまうのは、仕方がないことなのです。

 

トリートメントを髪の毛のみにつける

傷んでしまっている髪を補修するためには、トリートメントなどを使い、髪の内側に働きかけてダメージを修復する必要があります。
トリートメントやコンディショナーは、コーティング力が強い成分が含まれているので、髪の毛の中間部分から毛先に対して塗るようにして、頭皮には付けないようにしましょう。直接地肌につけることで、せっかくシャンプーで綺麗になった毛穴を、また詰まらせてしまうことになるからです。
せっかく良いトリートメントを使っても、間違った使い方をしてしまえば、逆効果になってしまうこともあるのです。

 

アウトバストリートメントやオイルをつける

アウトバストリートメントとは、お風呂から出たあとに使う、洗い流さないトリートメントのことです。
液体状のオイル、ミルク、クリーム、ジェル、髪にスプレーして使うミスト状のものもあります。タイプによって効果が違うので、自身の髪のダメージに合わせて使い分けると良いでしょう。

 

オイルタイプ

髪の表面をコーティングして、水分が蒸発するのを防ぎます。髪をしっとりまとまりやすくすることができます。

ミルクタイプ

「オイルタイプ」よりもさらっとしています。洗髪後の髪がべたつくのが嫌な人におススメです。

クリームタイプ

髪の堅さが気になる人が使うと、しっとり柔らかな仕上がりになります。髪が膨らんで困っている人にも良いです。

ジェルタイプ

他のタイプのトリートメントよりも馴染みがよく、髪に奥まで早く染み込みます。スタイリングに時間をかけたくない人やべたつきが苦手な人にとって便利です。

ミストタイプ

髪にスプレーして使います。髪全体にまんべんなく広げることが出来るのが特徴です。

 

わたしが抜け毛予防におすすめなのはハーブガーデンシャンプー

 

シャンプーのきしみで抜け毛が増える?我慢して放置は危険? | 抜け毛110番

 

髪の毛がきしみやすい方におすすめなのは、ハーブガーデンシャンプーです。

 

アミノ酸系洗浄剤、ノンシリコン、オーガニックシャンプーと、きしみの3大原因とも思われるような特徴を兼ね揃えたシャンプーですが笑、これがちょっと他のシャンプーとは違うんです!

 

私も使い始めはどうかなーと心配したのですが、ところがどっこい!、ハーブガーデンシャンプーを使うと、すんごいサラサラになれるんです。

 

シャンプーのきしみで抜け毛が増える?我慢して放置は危険? | 抜け毛110番

 

すすぎの時も髪の毛同士が絡むことがないので、無駄な抜け毛を防止してくれます。

 

こんなにトゥルトゥルするのに、本当にノンシリコン?と疑ってしまうほどの指通りです。

 

シャンプーのきしみで抜け毛が増える?我慢して放置は危険? | 抜け毛110番

 

秘密はハーブガーデンのシャンプーもさることながら、このトリートメントにあるんです!(と、個人的には思っています。)

 

なんと、ハーブガーデンシャンプーはトリートメントもノンシリコンなので、髪の毛だけではなく、「頭皮に直接」つけてもOK!

 

しかも、アウトバストリートメントとしても使えるんです!

 

  • トリートメント
  • 頭皮マッサージ
  • アウトバストリートメント

 

1つのトリートメントで3役をこなしてくれるので、超優秀なんです。

 

香りも人工香料は使用しておらず、天然の優しいラベンダーの香りでとっても癒やされます。

 

私は抜け毛予防のためにお風呂で頭皮マッサージを行っているのですが、このトリートメントを頭皮につけた状態で、いつもやっています。

 

使用3ヶ月で、気にしていた分け目がだんだん目立たなくなってきました!

 

 

>>【体験談】3ヶ月使用後の頭皮の写真はこちら

 

 

頭皮も髪も乾燥しやすく、シャンプーでのきしみが気になる!という、私と同じ悩みを抱えている人であればハーブガーデンシャンプーがおすすめです。

 

 

>>【公式】ハーブガーデンシャンプー詳細はこちら

 

 

さいごに

 

シャンプーのきしみで抜け毛が増える?我慢して放置は危険? | 抜け毛110番

 

髪の状態や、悩みは人それぞれです。自分の髪や頭皮の状態を知った上で、それに合ったシャンプーを選びましょう。
特に抜け毛が多い場合、シャンプー剤の見直しが必要かもしれません。
自分の頭皮に合ったきしまないシャンプーを選び、抜け毛予防につなげましょう!

 

 

>>おすすめシャンプーランキングはこちら