女性の抜け毛にシャンプーは関係ない?効果的な予防策とは | 抜け毛110番

MENU

女性の抜け毛にシャンプーは関係ない?効果的な予防策とは

女性の抜け毛にシャンプーは関係ない?効果的な予防策とは | 抜け毛110番

 

シャンプーしたら、いつもより抜け毛が多い気がする!
シャンプーを変えてから、抜け毛が増えた?
もしかしてこれって、シャンプーのせい?

 

あなたもこんなお悩みありませんか?
今回は、女性の抜け毛の原因は、本当にシャンプーと関係があるのかどうか、その原因と対策について探っていきます。

 

女性の抜け毛はシャンプーとは関係ない?

 

女性の抜け毛にシャンプーは関係ない?効果的な予防策とは | 抜け毛110番

 

「使用しているシャンプーが合っていない」ということも女性の抜け毛原因の一因になっていますが、実はそれ以外にも様々な原因があって抜け毛を引き起こしていることをご存知でしょうか?

 

ここではシャンプー以外の抜け毛原因になっているものをご紹介いたします!

 

遺伝

男性は「両親のどちらかが薄毛」であれば薄毛遺伝子を引き継いでしまうのに対し、女性の場合は「両親共に薄毛であること」で薄毛遺伝子を引き継ぐとされています。

 

男性と比べて遺伝の影響を受けにくい女性ではありますが、それでも親から受け継ぐ遺伝が抜け毛を引き起こしてしまっている事例も数多く報告されています!

 

親から受け継ぐものは「薄毛遺伝子」だけでなく「食の好み」「思考回路」などもあり、食生活の乱れやストレスを溜めこみやすい性質などから抜け毛を発生させている場合も。

 

ホルモンバランスの影響

女性の体調は女性ホルモンに影響を受けやすいことはよく知られていますよね。
生理前や妊娠出産・閉経などに加え、ストレスを溜めこんでしまったときなどはいつもと違ったホルモンが急激に体内に分泌される結果、ホルモンバランスが乱れてしまうものです。

 

ホルモンバランスが乱れがちになってくると「自律神経が正常に機能しなくなる」「血行不良」「新陳代謝の滞り」が引き起こされ、抜け毛を招いてしまいやすくなりますよ!

 

  • 生活習慣
  • 夜遅くまで起きている
  • 暴飲暴食をする
  • 喫煙習慣がある
  • 毎日お酒を飲む
  • 不規則な生活スタイル

 

上記のような生活習慣のある女性の多くが抜け毛に悩んでいるそうですが、一体なぜでしょうか?

 

先ほどご紹介した「ホルモンバランスの乱れによる抜け毛の発生」ですが、実は不規則な生活習慣をしてしまうことこそが「ホルモンバランスを乱す原因」といわれているからなんです。

 

規則的な生活習慣が身に付いていない人は、「ストレスを溜めこんでしまいやすい」「疲れがなかなか取れない」「眠れない」なんて症状が身体に起こってくるもの。

 

まずは規則正しい生活習慣と栄養バランスの取れた食事を心がけるようにしましょう!

 

ストレス

ストレスを長期間溜めこんでしまうことで「自律神経やホルモンバランスが乱れる」「血行不良」といった、抜け毛に強い影響を与えてしまう症状を発生させてしまいます。

 

中でも特に注目してもらいたいのが「血行不良」による抜け毛です。

 

頭皮の血行が悪くなってしまうと必要な栄養素を髪の毛に送り届けることができなくなってしまい、「髪の毛が弱くなって抜けやすくなる」「頭皮環境が悪化して抜け毛を増やしてしまう」といった症状も発生してしまうもの。

 

「円形脱毛症の原因はストレスにある」とされているほど、抜け毛とストレスには深い関係性があるんです。

 

間違った頭皮ケア

自分では「きちんと頭皮ケアをしているつもり」でも、もしかしたら「頭皮にダメージを与えてしまっている」のかもしれません。

 

  • 頭皮を清潔に保とうと1日2回以上シャンプーをしている
  • 朝シャンが習慣化している
  • 強い力で頭皮をマッサージしている
  • シャンプーの使用量は5〜6プッシュ
  • 地肌に直接シャンプーの原液を付けて洗っている
  • ドライヤーの熱から髪を守るために自然乾燥させている

 

上記のようなケアを続けていると、頭皮が刺激を受けて乾燥したりかえって脂っぽくなってしまったりする可能性が高いです。

 

抜け毛を防ぐためには、まず正しい頭皮ケアの方法を学ぶことが何よりも大切といえるでしょう。

 

自分の抜け毛はシャンプーが関係していると感じたなら

 

女性の抜け毛にシャンプーは関係ない?効果的な予防策とは | 抜け毛110番

 

「シャンプーを変えた途端、抜け毛が増えた」なんて場合は、高い確率でシャンプーによって抜け毛が引き起こされているものです。

 

ここでは「なぜシャンプーが抜け毛の原因になるのか?」という疑問にお答えしていきましょう。

 

シャンプー時の抜け毛はどのくらいが普通?

まず初めに「シャンプー時の抜け毛ってだいたいどのくらい?」という素朴な疑問について考えてみたいと思います。

 

健康的な頭皮環境の人でも「毎日50〜100本程度」は髪の毛が抜け落ちていて、しかもそのほとんどがシャンプー時に抜けていることが分かっています。

 

ということは、1回のシャンプー時に抜ける髪の毛の量は「50〜100本程度」ということになりますね!

 

ただし、抜け毛が多くなってくる「夏〜秋」「産後」などは毎日「200〜400本程度」もの髪の毛が抜けるのが普通なんだそうですよ。

 

1回のシャンプー時に抜け落ちる髪の毛の量には季節によって大きな違いがあるので、自分の体調や時季にも注意深くなる必要があります!

 

成分が頭皮に合っていない

シャンプーが頭皮の脂や髪の毛に付着した汚れをきれいに落とすことができる理由は、シャンプーの中に「界面活性剤」と呼ばれる洗浄成分が入っているから。

 

この洗浄成分には、洗濯剤や食器用洗剤と同じくらいきついものもあればアミノ酸系の肌に比較的優しいものまで様々な種類が存在しています。

 

この界面活性剤が頭皮に合っていない場合「痒み」「フケ」「べたつき」「湿疹」などの症状が現れてしまうことも多くみられますし、それが頭皮環境を悪化させて抜け毛を招いてしまうことは簡単に想像できますよね?

 

洗浄成分以外にも「シリコン」「添加物」「香料・着色料」といった成分が頭皮に合わないといったケースも考えられますので、まずは自分の肌が何の成分に対して敏感に反応してしまっているのかを知ることが必要です。

 

ただ、自分にとってどの成分が合っていないのかを見つけることって結構大変なんですよね…。

 

そんな場合、とりあえず「肌に優しい洗浄成分が使用されている成分」「添加物ができるだけ入っていないシャンプー」「ノンシリコンシャンプー」などを試してみましょう!

 

洗い方が良くない

たとえシャンプーの成分に問題がなくても、洗い方が良くないせいで「抜け毛が大量に発生!」なんてことも十分考えられます。

 

よくある例としては、シリコン入りシャンプーからノンシリコンシャンプーや石鹸シャンプーに変えた場合に抜け毛が増加してしまうケース。

 

シリコン入りのシャンプーは「泡立ちがいい」「シャンプー時にもきしまない」という特徴がありますが、ノンシリコンや石鹸シャンプーには「泡立ちが悪い」「シャンプー時に髪の毛がきしむ・絡む」といったデメリットが!

 

ノンシリコンシャンプーはきつい洗浄成分を使用していない分、地肌には優しくなっているものの…シャンプー時に髪の毛がからんでしまった結果「髪の毛を強く引っ張ってしまう」「毛と毛が摩擦しあって痛みをひどくしてしまう」なんてことにもつながります!

 

髪の毛や毛根はしっかりしているように見えても、実はちょっとした刺激ですぐに弱ったり毛髪を抜け落としてしまうものです。

 

シャンプー時は髪の毛を強く引っ張ったり、髪の毛同士が摩擦してしまわないように泡を十分に立てるといった配慮をしましょう。

 

洗いすぎている

「朝晩2回はシャンプーをする」という方は、洗いすぎているために頭皮が乾燥して髪の毛や地肌を傷めてしまっている可能性があります。

 

先ほどもご説明させていただきましたが、シャンプーの中には「界面活性剤」という洗浄成分が入っているもの。

 

シャンプーの種類にもよりますが、ドラッグストア等で販売されている多くのシャンプーには「石油系界面活性剤」「硫酸系界面活性剤」という洗浄成分が試用されています。

 

これらの洗浄成分は「食器用洗剤並み」に強力な洗浄力を持っているので、そんなシャンプーで1日2回も3回も髪の毛を洗えば頭皮が乾燥したり弱ってしまうことは目に見えていますよね!

 

髪の毛を洗う頻度については、多くても「1日1回、就寝前に」を守るようにしてください。

 

自然乾燥させている

「ドライヤーの熱は髪や頭皮に悪いから自然乾燥させているの。」

 

といった声をたまに聞くことがありますが、シャンプー後の濡れた髪の毛を自然乾燥させることって、ドライヤーの熱を与えるよりも悪影響なんですよ!

 

というのも、髪の毛が濡れているというのは「キューティクルが開いている」状態。

 

キューティクルが開いていると髪の毛内部の潤いが外に逃げていってしまいますし、何よりも「外的刺激を受けて痛みやすくなってしまう」という最大のデメリットも挙げられるでしょう。

 

  • くしでとかす
  • 枕で摩擦される

 

たったこれだけのことでも、キューティクルが開いている状態では髪の毛が傷んでしまうことに直結してしまいます。

 

「髪の毛が濡れた状態=痛みやすい」ので、キューティクルが開いている時間を短くすればするほど、外的刺激から髪の毛を守って痛みの進行を遅らせることが可能といえます!

 

そのためにも、シャンプー後はできるだけ早くドライヤーの熱で髪の毛を乾かしキューティクルの開きを収めてくださいね。

 

また、頭皮を長時間濡れたままの状態にすることで「頭皮に細菌が繁殖してしまう」といったデメリットも考えられます。

 

最近が増殖してしまった頭皮では「痒み」「臭い」「フケ」といった、抜け毛以外の症状も招きやすくなってしまいますよ!

 

シャンプーの洗い方を変えて抜け毛を予防しよう!

 

女性の抜け毛にシャンプーは関係ない?効果的な予防策とは | 抜け毛110番

 

ここでは「正しいシャンプーの洗い方」をご紹介させていただきます。

 

どんなに高級なシャンプーを使用していたとしても、洗い方が間違っていれば抜け毛は一向に減りません!

 

ここでお伝えしていく項目と自分のやり方を照らし合わせ、日々のシャンプー方法を見直すきっかけにしてみてくださいね。

 

洗い方のコツ

髪の毛の洗い方のコツとして、最低限守って欲しいことはというと…

 

  • シャンプー前に予洗いをして頭皮の脂や髪の汚れを大まかに落とす
  • シャンプーは直接頭皮につけない
  • 毛先で十分にシャンプーの泡を泡立ててから頭皮を洗う
  • 強い力でゴシゴシ洗わない
  • すすぎは3分程度しっかりと行う

 

以上5つのコツを守ってシャンプーを行えば、頭皮や髪の毛に余計な負担をかけることはないはずです。

 

シャンプーの前に予洗いしたり、シャンプーの泡をモコモコに泡立てる、すすぎは3分以上…慣れない人にとってはこれって「かなり面倒」な作業だと思います。

 

しかし、本気で抜け毛改善や予防を行いたいのであれば上記のシャンプー方法のコツは必ず守っていただかなくてはなりません!

 

それだけ正しいシャンプー方法とは、頭皮や髪の毛にとって大切だということを心得ておいてくださいね。

 

マッサージのコツ

モコモコの泡でシャンプーをしているのなら、同時に「頭皮マッサージ」をしない手はありません。

 

なぜなら、マッサージを行うことで頭皮の血流を促進させ抜け毛予防につながるからです!

 

しかし「マッサージってどうやるの?」「丁度いい力加減が分からない…」なんてお悩みを抱える方も少なくありません。

 

頭皮の血流を良くして抜け毛予防につながるマッサージのコツは、「指の腹を使うこと」「地肌を動かしながらマッサージをすること」「優しい力加減で」の3つを意識しましょう。

 

頭皮とは自分が思っている以上に刺激に弱く繊細なものです。

 

「少しもの足りないかな?」と感じる強さが、毎日行うマッサージには適した力加減といえますよ!

 

乾かし方のコツ

  • シャンプー後は自然乾燥させている
  • 髪の毛に水分を含んだままドライヤーをしている
  • タオルでゴシゴシ擦りながら乾かしている
  • 絡まった毛髪を強引にくしでとかしている
  • ドライヤーと髪の毛との距離が近い

 

あなたはこんな乾かし方をしていませんか?

 

もしそうだとすれば、乾かし方や間違ったドライヤーの使用方法が原因で抜け毛が発生している可能性大!

 

以下の乾かし方のコツを守り、正しいケア方法を実践してください。

 

  • シャンプー後はできるだけ早くドライヤーで乾かす
  • 十分にタオルドライをしてからドライヤーをする
  • ドライヤーは髪の毛から20cm程度離し、一部分にずっと熱を与えない
  • 頭皮から毛先に向かって乾かす
  • 髪の毛が絡まるようなら、洗い流さないオイルやトリートメントをドライヤー前に塗布する

 

ちなみに、よくあるのが「毛先は乾かしたけど根元がまだ湿っている」というパターン。

 

頭皮に残った水分によって細菌が繁殖しやすい環境になり、それが引き金となって「痒み」「フケ」などを引き起こして頭皮環境を悪化させてしまうことも!

 

乾かすときは、しっかりと根元からドライヤーの熱を与えていってくださいね。

 

女性の抜け毛を予防するシャンプーを選ぼう

 

女性の抜け毛にシャンプーは関係ない?効果的な予防策とは | 抜け毛110番

 

抜け毛を招いてしまう原因として挙げられる「きつい洗浄成分」「添加物」「合成化学物質」などの成分が入ったシャンプーを遠ざけ、できるだけ地肌に優しいものを選ぶことは頭皮環境を整えて抜け毛予防にも効果が期待できます◎

 

ここでは「抜け毛予防のために使用してもらいたいシャンプーとはどんな成分のものか?」についてお話しさせていただきます。

 

アミノ酸シャンプー

シャンプーの洗浄成分は実に多岐に渡りますが、その中でも「危険な洗浄成分」といわれている「石油系界面活性剤」「硫酸系界面活性剤」は避けた方が無難です。

 

洗浄成分が穏やかで地肌に刺激の少ない「アミノ酸系界面活性剤」が使用されたシャンプーは、美容院やサロンでも愛用されているほど。

 

アミノ系シャンプーは石油系界面活性剤などに比べ、頭皮の潤いを過度に奪ってしまうことがないので肌が弱い方でも比較的トラブルが少ないという特徴が◎

 

【アミノ酸系シャンプーの確認方法】

  • ココイルグルタミン酸Naやココイルイセチオン酸Naなど、「ココイル〜」となっているもの
  • N-ラウロイル-L-グルタミン酸Naなど、名前の中に「ラウロイル」が含まれるもの
  • ミリストイルサルコシンNaなど、「ミリストイル〜」となっているもの
  • 水添タロウグルタミン酸Na
  • ステアロイルグルタミン酸Na
  • モノアルキルフォスフェイト
  • ラウリルリン酸Na
  • コイルアラニンTEA

 

シャンプーボトル裏の成分表には「配合率の多い順番」に成分が記載されているものです。

 

したがって、水の次に表記されてあるものが「そのシャンプーに使用されている洗浄成分」ということになるので、上記のアミノ酸系界面活性剤の表記を必ず確認して頭皮に優しいシャンプー選びをしましょう!

 

添加物が少ない

添加物とは、シャンプーの使用感を良くしたり製品を腐りにくくするために配合されているものです。

 

抜け毛が気になる方や敏感肌の人にとっては「完全無添加」のシャンプーがいいと思われる方も多いですが、実は添加物をゼロにすることはできません。

 

製品を安定させる成分や洗浄成分を除外すれば、そもそもシャンプーという製品自体が成り立たなくなるからです!

 

ではどうすればいいのかというと、「添加物が少ないシャンプーを選ぶこと!」これに尽きるといってもいいでしょう。

 

  • シリコン
  • 石油系界面活性剤
  • 防腐剤
  • 人工香料
  • 人工着色料
  • エタノール

 

などは、全て「人工的に作られた添加物」なので頭皮に刺激を与えやすいと考えてください。

 

逆に「防腐剤効果のある植物オイル」や「清涼感のあるメントールエキス」などが添加物として配合されているシャンプーなら低刺激で安心して使用できます。

 

これらの植物由来成分はシリコンなど人工的に作られたものではなく「天然成分」なので、髪や地肌により優しく働きかけてくれますよ!

 

高保湿

シャンプーとは「汚れを落とすもの」として認識されている場合がほとんどですが、頭皮も「お肌」だということを忘れないでください。

 

顔も、洗顔後には化粧水などで保湿しますよね?

 

頭皮だって最低限の「潤い」は必要なんです!

 

シャンプーの中に「ホホバオイル」「アルガンオイル」等の天然保湿成分が入っているのかどうかも、頭皮環境を整えて抜け毛を発生しにくくするためには重要ですよ。

 

シリコン以外の天然成分

髪や地肌に低刺激として「ノンシリコンシャンプー」が流行っていますが、そもそもシリコンとは何なのでしょうか?

 

シリコンとは「髪の毛にツヤや滑らかさを出すために作られた人工化学物質」のことを指し、今やシャンプーやトリートメントには欠かせない成分となっています。

 

代表的なシリコンの成分表記には

 

  • シロキサン
  • シクロメチコン
  • ジメチコン

 

といった名前がよく成分表の中に確認されます。

 

このシリコン、石油系界面活性剤に比べれば刺激こそ控えめではありますが、やはり人口化学物質なので抜け毛に悩む方はシリコン入りシャンプーの使用は控えておいた方が良さそうです。

 

ただ、ノンシリコンシャンプーになってしまうと「髪の毛がきしむ」「絡まる」といったことが多くなってくるもの。

 

そんなときは「シリコンの代わりをしてくれる天然保湿成分」の入ったシャンプーを使用してみましょう!

 

  • 海藻エキス
  • 馬油
  • 椿油

 

など、天然保湿成分がシリコンの代わりに「髪の毛にツヤを出す」「滑らかさを与える」といった役割をしてくれるので、ノンシリコンシャンプーでも使用感が良くなっているケースが!

 

せっかくシリコンフリーのシャンプーを選んでも、保湿成分に合成化学物質が大量に使用されていたのでは元も子もありません。

 

ノンシリコンシャンプーを選ぶことはいいことですが、それ以外の「メイン洗浄成分は何か?」「天然成分を配合しているか?」なども同時にチェックすべきですよ!

 

さいごに

 

女性の抜け毛にシャンプーは関係ない?効果的な予防策とは | 抜け毛110番

 

抜け毛を予防するためには正しいシャンプー方法や地肌に優しい成分が使用されているシャンプーを選ぶ必要があるということを理解していただけたでしょうか?

 

巷には「ノンシリコン処方」「オーガニック」「合成界面活性剤フリー」などなど、数えきれない種類のシャンプーが存在しています。

 

「ノンシリコンシャンプーだから安心!」「オーガニックだから大丈夫!」などと思わず、まずは髪や頭皮にとって何がいけないのか?どうすれば頭皮環境が整うのか?

 

ということをしっかりと理解したうえで、自分に合ったシャンプーを購入することが抜け毛予防のための第一歩となってくれるはずですよ!

 

 

>>おすすめのシャンプーランキングはこちら