シャンプーの回数が多いと抜け毛が増えるって本当? | 抜け毛110番

MENU

シャンプーの回数が多いと抜け毛が増えるって本当?

シャンプーの回数が多いと抜け毛が増えるって本当? | 抜け毛110番

 

健康で美しい髪の毛を維持するためにも髪の毛はいつも清潔にしておきたいですよね。ただ、シャンプーを使って洗う回数を増やすことで抜け毛が増えてしまうこともあります。
もちろん頭皮の状態には個人差がありますので一概には言えませんが、洗いすぎることで頭皮の状態を悪くしてしまい、抜け毛につながってしまうこともあるのです。そんなシャンプーと抜け毛の関係について調べてみました。

 

シャンプーの回数が多いと抜け毛が増える?

 

なぜ、シャンプーの回数が多いと抜け毛が増えるといわれているのでしょうか?回数だけでなくシャンプーの種類にも問題があるようです。

 

石油系や石?シャンプーの使い過ぎに注意

 

シャンプーの回数が多いと抜け毛が増えるって本当? | 抜け毛110番

 

石油系シャンプー

石油系の合成界面活性剤を配合した市販のシャンプーは、安価で洗浄力が強いというメリットがありますが、洗浄力が強すぎるため必要以上に皮脂を洗い落としてしまうことがあります。
その結果、頭皮が頭皮環境を守ろうとして皮脂の分泌を増やすので、皮脂の過剰分泌を引き起こます。過剰な皮脂は、薄毛のもととなる菌のエサになり、頭皮に炎症を起こし、頭皮を傷め薄毛をおこしてしまうことがあるのです。

 

石鹸シャンプー

石鹸シャンプーは天然由来の合成界面活性剤を配合しています。天然由来ということで、環境にやさしく、石油系シャンプーよりも肌に優しいイメージがありますが、石鹸の洗浄力は比較的強いです。石油系シャンプー同様、皮脂の過剰分泌につながることがあり、頭皮を傷めてしまうことがあります。また、石鹸はアルカリ性なので、髪がキシキシしてしまうことがあります。

 

抜け毛予防ならアミノ酸系シャンプーがおすすめ

 

シャンプーの回数が多いと抜け毛が増えるって本当? | 抜け毛110番

 

アミノ酸シャンプーのアミノ酸とは、簡単に説明すると「体をつくっている成分」です。人の体はたんぱく質からできていますが、このたんぱく質をさらに細かくするとアミノ酸になります。髪への負担が少ないとされていることから、多くのケアシャンプーはアミノ酸シャンプーでもあります。
アミノ酸系シャンプーは、一般的なシャンプーよりは高価な場合が多いですが、低刺激で敏感肌や乾燥肌の人に適していると言われています。つまり、「適度な洗浄力」というわけです。

 

1回のシャンプーで何回洗うの?2度洗いは不要?

 

シャンプーの回数が多いと抜け毛が増えるって本当? | 抜け毛110番

 

美容院などで、シャンプー時に2度洗いするのは、パーマなどをかかりやすくするためや頭皮と髪の汚れを落としながら、頭皮マッサージなどをすることが目的です。
シャンプーも頭皮に与える刺激が少ないものを選んでいるので、2度洗いしても髪や頭皮にダメージを与えることはほとんどありません。
一方、自宅でシャンプーする場合、シャンプー自体も違いますし、汚れがひどい場合などは別として、無理に2度洗いする必要はありません。洗浄効果の高いシャンプーで2度洗いすることで、皮脂の過剰分泌や頭皮の乾燥による頭皮環境悪化を引き起こし、抜け毛を招いてしまうことがあるからです。

 

抜け毛予防におすすめのシャンプーの回数とは

 

では、抜け毛につながらないための適度なシャンプーの回数とは何回位なのでしょうか?

 

頻度は一日一回夜がおすすめ

 

シャンプーの回数が多いと抜け毛が増えるって本当? | 抜け毛110番

 

シャンプーは、基本的には一日一回で十分だと言われています。時間的には、成長ホルモンが活発に分泌される夜10時から夜中の2時頃が良いでしょう。髪の毛が一番成長する夜に頭皮に皮脂が溜まったままの状態にしていると、成長の妨げになり、薄毛につながるからです。
一方、朝シャンプーは、朝起きたばかりの毛穴が開いた状態の頭皮に刺激を与えてしまうのであまりおすすめはできません。さらに、朝シャンプーの場合、シャンプー後に一時的に失われた髪を守る膜の再生成が、出かけるまでに間に合わないことが多いので、髪に膜がないまま紫外線を受けてしまい、髪を傷める原因になります。。

 

基本は一回でも汚れは落ちる

シャンプーの目的は、頭皮と髪を清潔に保つことです。自分の髪質や頭皮の状況に合ったシャンプーを使って、正しい洗い方できちんとシャンプーすれば、一日一回で十分汚れは落ちます。汚れを落とすという目的が達成できるのなら、抜け毛・薄毛の観点から考えてもシャンプーの回数は少ないに越したことはありません。

 

整髪料がついているときは2度洗いがおすすめ

 

シャンプーの回数が多いと抜け毛が増えるって本当? | 抜け毛110番

 

2度洗いによる「洗いすぎ」には注意が必要ですが、整髪料がついている場合や2〜3日シャンプーをしていなかったりして極端に髪の毛が汚れている場合は、一度洗いでは汚れが落ちない可能性があるので、もちろん2度洗いもOKです。
この場合も、2度ともシャンプーをたっぷりつけてしっかり洗うのではなく、1度目は軽く洗い、2度目にしっかり洗いましょう。1度目のシャンプーは、シャンプー液も少なめで構いませんし、しっかり泡立たせる必要もありません。髪の汚れを軽く落とす気持ちで洗えば十分です。2度目のシャンプーは、しっかり泡立てて、頭皮まできちんと洗いましょう。
洗う際は、ゴシゴシ洗うのではなく、マッサージするように揉み洗いを意識して洗うと良いでしょう。

 

抜け毛予防ならシャンプーのつけすぎに注意!

 

シャンプーの正しい使用量も抜け毛と関係があります。毎回のシャンプーで使用量を誤ってしまうことは、シャンプーの回数を誤ることと同じくらい髪にダメージを与えてしまいます。

 

つけすぎはすすぎ残しの原因になる

 

シャンプーの回数が多いと抜け毛が増えるって本当? | 抜け毛110番

 

シャンプーの量を多くすると泡立ちは良くなりますが、髪の汚れの落ち具合にはほとんど影響がありません。そればかりか、洗い流しが大変になったり、すすぎ残しが出たりして頭皮環境に悪い場合のほうが多いので気を付けましょう。
また、シャンプー剤を直接地肌に付けると、刺激が強すぎてかぶれや薄毛の原因になってしまうこともあります。

 

髪の長さとシャンプーの使用量の目安とは

シャンプーは、本来は髪ではなく頭皮についている汚れや皮脂を洗い落とすためのものです。このため、髪の長さに関係なく、男性でも女性でも大体同じ使用量になるはずなのですが、洗髪する際にシャンプー成分が髪についてしまい、頭皮まで届かないことが多いため、髪の長さによって正しい使用量が異なります。
ポンプタイプのボトルに入っている場合には、ショートヘア〜セミロングぐらいで1プッシュ〜2プッシュ位が目安となります。ロングは、2プッシュ〜3プッシュぐらいを目安にすると良いでしょう。メーカーやポンプの種類で1プッシュの量が違いますが、大体1プッシュで3mlで考えると良いようです。

 

抜け毛予防ならシャンプーの回数より洗い方に注意!

 

シャンプーの回数が多いと抜け毛が増えるって本当? | 抜け毛110番

 

シャンプーによる頭皮環境の悪化を防ぐためには、正しい洗い方で洗うことが大切です。

 

予洗いを行う

シャンプーを使う前にぬるま湯で髪と頭皮をすすいで予洗いしましょう。これにより毛穴が開いて汚れが落ちやすくなります。また、髪に水分を含ませることで、シャンプー時の摩擦を減らすこともできます。1〜2分の時間をかけてしっかり予洗いしましょう。頭皮を濡らしてマッサージするように予洗いすることで、汚れや皮脂の80%は取れると言われています。

 

シャンプーは泡立ててから

シャンプーを手に取ったら、すぐに頭皮や髪につけるのではなく、手のひらで泡立てましょう。髪で泡立てると髪同士の摩擦が大きいので、髪を傷めたり抜け毛を増やすこともあるので注意が必要です。
おでこの生え際と、後頭部あたりから頭皮に伸ばしていくように付けましょう。数か所に泡を付けて洗っていくことで、頭皮全体を確実に洗うことができます。

 

シャンプー時にゴシゴシしすぎない

髪に少し泡立ったシャンプーをのせたら、髪ではなく、頭皮を洗いましょう。充分に泡立てることで、頭皮についた汚れや皮脂をシャンプーの泡が包み込むので、強くこすらなくてもきちんと洗い上げることができます。
洗う際は、爪を立てずに親指以外の4本の指の腹を使いましょう。指を上から下に動かすと指先で強く頭皮をこすることになるので、指は、下から上に動かし、力を入れず洗いましょう。

 

すすぎにはシャンプーの3倍の時間をかける

シャンプー後のすすぎをおろそかにすると、シャンプーの成分が頭皮に残留してしまうので、頭皮トラブルの原因になってしまいます。すすぎは、洗髪で汚れを落とす作業同様(もしくはそれ以上に)大切な作業なのです。

 

正しいすすぎの方法

一般的にすすぎは、シャンプーの3倍以上の時間を掛ける必要があると言われています。また、シャンプーの時間が短い人でも、すすぎを最低でも3分以上行いましょう。髪や頭皮の汚れやシャンプーの成分を完全に洗い流すには、それだけの時間が必要なのです。
すすぎをする際は、シャワーを頭上に固定し、両手が使える状態にして、頭皮にシャワーをまんべんなく当てながら指の腹を使ってシャンプーを落としていきます。シャワーを真上から当てると水圧が弱くなってしまうため、斜め上から当てるようにしましょう。

 

汚れの残りやすい場所

すすぎの前に一連の流れとすすいで行く順番を決めておけば、すすぎ残しを防ぐことが出来ます。額の生え際や耳上の生え際、襟足は、特に洗い残しが発生しやすいので注意が必要です。

 

タオルドライ時にゴシゴシしない

 

シャンプーの回数が多いと抜け毛が増えるって本当? | 抜け毛110番

 

タオルドライの際、ゴシゴシと力を入れて水分をふき取ると、髪の根元に大きな負担がかかります。タオルの摩擦の影響で毛根に対して引っ張るような力が働くことになるからです。
毎日続けると毛根を引っ張られることで頭皮に血行が行き渡りにくい状況になり、発毛や育毛に必要な栄養が届かなくなってしまいます。
タオルで水分をふき取る場合は、まずタオルで頭全体を包み込み、頭皮をやさしく拭きましょう。それから髪の毛先をタオルで包み込み、やさしくポンポンと叩くようにして毛先の水分を取り去りましょう。

 

シャンプー後はドライヤーを使って乾かす

 

シャンプーの回数が多いと抜け毛が増えるって本当? | 抜け毛110番

 

ドライヤーは正しく使うことで、薄毛や抜け毛改善の味方になってくれます。ただ、髪が濡れている時は、キューティクルがめくれて傷みやすい状態になっているので、熱風を大量に吹き付けると髪を傷つけることになります。正しい使用法で乾かすようにしましょう。

 

ドライヤーは15cm以上離して使用する

ドライヤーの送風口と髪や頭皮は15〜20cmは離しましょう。ドライヤーの送風口付近の温度は110℃位になっており、毛髪に直接近づけると毛根や髪を傷めるからです。

 

頭皮や髪の根元から乾かす

ドライヤーの風は、乾きにくい頭皮や髪の根元からあてていきます。根元部分が乾いたら、徐々に先端に向かって乾かしていきます。乾かすときは、髪をやさしく手で持ち上げながら風を送っていきましょう。ドライヤー中にクシやブラシを使うと髪を傷つける可能性が高いので、注意が必要です。

 

まとめ

 

シャンプーの回数が多いと抜け毛が増えるって本当? | 抜け毛110番

 

髪の状態や、悩みは人それぞれです。自分の髪や頭皮の状態を知った上で、それに合ったシャンプーを選びましょう。
特に抜け毛が多い場合、シャンプー剤の見直しが必要かもしれません。
自分の頭皮に合ったきしまないシャンプーを選び、抜け毛予防につなげましょう!

 

 

>>おすすめシャンプーランキングはこちら