女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない? | 抜け毛110番

MENU

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

 

シャンプーやドライヤー時の抜け毛にびっくり!
急に抜け毛が増えた原因は一体何?
男性の原因とは違う、女性の抜け毛の原因と対策についてまとめてみました。

 

女性の抜け毛の原因とは

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

女性の抜け毛は、男性の抜け毛とはタイプが違います。男性の抜け毛は、生え際や頭頂部周辺が薄くなりますが、女性の抜け毛は、髪の生えている範囲はそのままで、髪の毛が細くなって全体的に薄くなるのです。もちろん髪の毛自体も抜けやすくなるので、シャンプーやブラッシングの度に抜け毛の多さに悩まされるようです。そんな女性の抜け毛には様々な原因があります。

 

FAGA(女性男性型脱毛症)

FAGAとは、女性男性型脱毛症のことで、女性ホルモンの減少により、体内のホルモンバランスが崩れることが原因で起こる抜け毛のことです。女性ホルモンには毛根細胞にある「発毛促進シグナル」を増やす作用があるため、女性は、普通、抜け毛に悩むことは少ないです。ただ、様々な要因でホルモンバランスが乱れ、女性ホルモンが減ることでFAGAになり、抜け毛に悩まされるのです。

 

更年期

大体45〜55歳前後の女性が経験する更年期障害ですが、この原因は女性ホルモンの分泌の急激な低下にあります。
女性ホルモンの一つ、エストロゲンには髪の毛の成長を促進する働きがありますが、更年期でエストロゲンの分泌が急激に減少してしまうと、その力も弱くなります。
結果、成長期も短くなって、髪の毛の生えない休止期が長くなり、髪の毛そのものが細く弱々しくなったり、髪の毛の色が薄くなったりします。
さらに、だんだんと髪の毛のボリュームがなくなって、スタイリングが決まりにくくなったり、分け目が太くなり、抜け毛が目立つようになるのです。

 

産後

女性は妊娠・出産するとホルモンバランスの乱れが原因で髪の毛が抜けることがあります。
妊娠中は、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が増えますが、出産すると急激に減少してしまいます。
髪の毛の成長を促す働きがあるエストロゲンの減少と、育毛を維持するプロゲステロンの減少。この急激な変化に身体がついていけず、出産後、抜け毛の症状が出てしまうのです。

 

生活習慣の乱れ

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

 

偏食

栄養不足は、抜け毛や薄毛を引き起こす原因になります。特に、髪の毛の主成分であるケラチンはタンパク質なので、タンパク質の不足は致命的です。
また、亜鉛とビタミンB6も、タンパク質からケラチンを構成するのに必要なので大切な栄養素です。
もちろん、ほかの栄養素が必要ないわけではなく、バランス良く栄養素を摂取することが必要ですが、髪の毛を作るのに最も必要なのは、タンパク質と亜鉛、ビタミンB6なのです。
いずれにしても偏食による栄養の偏りは、頭皮にも必要な栄養がいかないことになるので、抜け毛の原因になります。

 

睡眠不足

睡眠不足が続くと抜け毛が増えるといわれており、十分で良質な睡眠を取ることは、健康のためにも抜け毛のためにも必要なことです。
睡眠不足が続くと、ホルモンバランスが乱れ、新陳代謝がうまく行われなくなることから髪の毛が抜けやすくなります。
また、睡眠不足は体にとってストレスとなるので、毛細血管が収縮し、血行不良を招き、毛根に十分な栄養が行き渡らなくなって、髪の毛が抜けやすくなるのです。

 

アルコール

体内に取り込まれたアルコールは、肝臓で分解されますが、その際に「アセトアルデヒド」と呼ばれる、物質を生成します。
アセトアルデヒドは、毒性を持っており、最終的には解毒効果によって「酢酸」という無害な物質に代謝されるのですが、この過程で大量のアミノ酸やビタミンを消費することになります。
髪の主成分であるケラチンは、いろいろなアミノ酸が合体して作られているので、アルコールを分解する際のアミノ酸の大量消費は、間接的に薄毛の原因につながるのです。

 

喫煙

喫煙も抜け毛や薄毛の原因一つになります。喫煙は、頭皮の血管を収縮させ、頭皮の血行が悪くなるため、抜け毛につながります。
また、男性ホルモンジヒドロテストロン(DHT)の分泌を促し、頭皮環境悪化に影響するとも言われています。
さらに、喫煙は、髪の毛を健康に保つために必要なビタミンを大量消費したり、髪に栄養を与える重要な役割を担っている肝臓に負担をかけたりするので、髪の毛に栄養が行きわたらず、抜け毛や薄毛の原因になるのです。

 

無理なダイエット

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

 

過度なダイエットも抜け毛に良くありません。
過度なダイエットをして体重が減っても、結果、栄養不足や体力がなくなることで、体調が悪くなったり抜け毛が増えてしまっては意味がありません。
ダイエットは、適度な運動を取り入れるなどして身体に負担をかけないように注意しましょう。

 

老化現象

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

 

三十代から八十代までに毛根を包む組織である毛包の数は約三八%減少すると言われています。
ということは、生えてくる毛よりも脱落する毛の方が多いわけで、ある時期までは硬毛、軟毛とも抜け毛が多くなります。
つまり、年を取って頭髪が少なくなるのは仕方のないことなのです。
ただ、老化による脱毛は全身状態と同様、個人差が大きいようで、人によっては、対処が必要だと思うほどの薄毛・脱毛に悩まされることもあるのです。

 

遺伝

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

薄毛は遺伝の影響もあります。ただし、薄毛そのものが遺伝するのではなく”薄毛になりやすい体質”が遺伝する、ということなのです。
さまざまな要因が複合的にからみあって発症するため、仮に薄毛になるリスクが高い遺伝子を受け継いでいても、その他の環境要因を回避していれば発症しない場合もあるようです。

 

冷え性

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

 

冷え性の人は、末端の血液の流れが悪くなることで、手足が冷えます。末端、には頭皮も含まれているので、ほとんどの冷え性の人は、頭皮の血流も悪い状態になっており、頭皮の環境が悪化、薄毛になってしまうといわれています。

 

カラーやパーマによるダメージ

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

 

頭皮や髪の毛はとてもデリケートなので、ヘアカラーなど頭皮に刺激が加わることはなるべく控えるようにした方が良いでしょう。
カラーリングなどで頭皮がヒリヒリする方は、頭皮に負担がかかっています。 頭皮が傷んでいる場合は、刺激が強すぎるので中止しましょう。

 

間違った頭皮ケア

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

 

薄毛予防にと頭皮ケアを行うのは良いのですが、間違った頭皮ケアは、逆に頭皮に悪い影響を与えてしまいます。
洗浄力が強すぎるシャンプーを使って頭皮に刺激を与えすぎたり、シャンプーする時に頭皮を強く洗ったり、汚れをしっかり落とすために、何度もシャンプーするのも、頭皮に良いとは言えません。
くしやブラシで頭皮に刺激を与え過ぎたり、頭皮の血行を良くするために、痛い位強い力でマッサージするのも良くないです。

 

紫外線によるダメージ

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

 

肌と同じで、紫外線を長時間浴びるのは、髪や頭皮によくありません。
紫外線を浴びると毛髪のキューティクルが傷つき、髪がパサついたり、切れ毛や枝毛の原因になります。
さらに、頭皮にもダメージを与えてしまい、毛根が萎縮するなど、頭皮環境が悪化し、薄毛や抜け毛につながります。

 

ストレス

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

 

ストレスを感じると、体の様々な場所にさまざまな変調が起こります。
そしてその変調は身体の一番弱っている場所に現れやすいという特徴があり、それが頭皮に起こった場合、抜け毛を引き起こします。
また、ストレスを強く感じると、髪の毛の生育に重要な栄養素「亜鉛」を大量に消費してしまうので、髪に必要な亜鉛が十分に供給されなくなってしまいます。
また、ストレスで自律神経のバランスが乱れると血流が悪くなり、頭皮や髪の毛に運ばれる栄養も不足します。
さらにストレスにより男性ホルモンの分泌が多くなることも、抜け毛の原因となるようです。いずれにしても、ストレスと抜け毛は深く関わりがあるのです。
ストレスによる抜け毛は、 「毛根の色や抜け方」に特徴があります。正常な毛根の色は白色で形もぷっくりと膨らんでいますが、ストレスで抜けた毛は毛根が黒っぽくなっていることが多いです。
そして、抜ける量も「ごっそり」抜けます。

 

病気

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

 

遺伝や体質、性別や年齢に関係なく、突然髪の毛が抜けてしまうのが、「病的脱毛症」などの後天的な脱毛症です。
病気だからこそ誰にでも起こる可能性がありますが、正しい予防や治療で治すことも可能です。

 

円形脱毛症

「病的脱毛症」の中でいちばん多いのが円形脱毛症です。男女はもちろん、赤ちゃんから高齢者まで誰にでも起こります。
ある日突然髪が円形やタマゴ型に抜けてしまうのです。10円玉ぐらいの軽症なら半年から1年で自然治癒しますが、症状が進むと抜けている面積が広くなったり、他の部分にもいくつもの脱毛箇所ができたりします。主な原因は精神的なストレス。一般的に成人男性より女性や子供がなりやすいとも言われています。

 

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症とは一部の髪が全部なくなるのではなく、髪全体が薄くなる症状のことです。
頭頂部にボリューム感がなくなるので、ペタンとした髪型になり、見た目年齢が老けて見えてしまいます。男性よりも女性に多い薄毛の症状です。

 

粃糠(ひこう)性脱毛(脂漏性脱毛)症

粃糠とはフケのことです。体調不良やシャンプーによるダメージなどでフケが増え、毛穴をつまらせたり雑菌を繁殖させたりすると、毛根部の活動が弱まり、脱毛症となります。
また、同じく頭皮環境の悪化を原因とした抜脱毛症として、皮脂の過剰分泌によって起こる脂漏性脱毛があります。

 

自己毛症(トリコチロマニア)

精神障害やストレスから、髪の毛やまつ毛、まゆ毛などを自分で抜いてしまう心の病のことです。 子供に多いです。

 

その他の疾病や感染症

髪の毛の成長を促進する甲状腺ホルモンが減少する「甲状腺機能低下症(橋本病)」をはじめ、膠原病や関節リウマチなどの疾病も脱毛を引き起こします。
また、真菌やブドウ球菌、ヘルペスウイルス、梅毒などの感染症も脱毛原因の一つです。

 

薬の副作用

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

薬剤の副作用による脱毛は、抗がん剤が有名です。
抗がん剤は細胞の分裂を抑制する薬で、投与すると、全体の一番割合が多い成長期毛が影響を受けます。
成長期毛の髪は細胞分裂を繰り返して成長していくので、細胞の分裂を抑制されてしまうと脱毛が起きてしまうのです。

 

女性の抜け毛の原因は男性と違う?

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

 

女性の抜け毛は、男性の抜け毛とはタイプが違います。
男性の抜け毛の特徴が、生え際や頭頂部周辺が薄くなるのに対して、女性の場合は、髪の生えている領域はそのままにボリュームダウンするのが特徴です。
また、男性の場合、多くの薄毛の原因が男性ホルモンの影響による体質的なものであるのに対して、女性は、ホルモンバランス、妊娠・出産、加齢、などが関係してきます。
遺伝・毛穴の詰まり、ストレス・生活習慣については男女共通の原因です。

 

男性用の育毛剤を使うのはあり?

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

 

女性の育毛剤の特徴は、栄養成分や保湿成分、イソフラボンなどが配合された低刺激のマイルドな育毛剤が主流になっていますが、男性用育毛剤は主に、皮脂分解成分や抗菌成分、清涼剤、男性ホルモン抑制作用、血行促進剤などが含まれています。
男性ホルモンが少ない女性にとってはあまり効果のない育毛剤であることが多く、やはり、女性は女性専用の育毛剤を使った方が良いようです。

 

男性用のシャンプーを使っても良いの?

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

 

シャンプーが男女でわかれている理由は、男性と女性では頭皮環境が違うからです。
しかし、男性用シャンプーとはいえ、女性が使ってはいけないということはありません。
男性は男性用、女性は女性用というくくりだけで判断せず、自分の髪や頭皮の状態にあったものを使用することが必要です。
フケが出やすいのが悩みという方や、洗い上がりがサッパリしたものを使いたいと言う人には、逆に男性用シャンプーのほうがお薦めかもしれません。
男性は女性に比べて頭皮の皮脂の分泌が盛んであるため、男性用シャンプーは女性用シャンプーよりも、強い洗浄成分を使っています。
このため、女性が使う事で、必要な皮脂まで取り去ってしまい、頭皮の乾燥に繋がってしまうこともあるので、特に肌の弱い女性などは注意が必要です。

 

使い心地の違いは?

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

 

男女のシャンプーでは、使い心地も違います。男性は、皮脂をしっかり落とせたというすっきり感やさっぱり感を好むことが多いため、清涼感のある使い心地のシャンプーが多数つくられています。
一方、女性は、ミントの清涼感よりも、心地よい香りにこだわり、保湿やしっとりとした洗い上がりのシャンプーを好みます。
女性が男性用シャンプーを使用すると、乾燥したりきしんだりするというのはそういう理由からくるのです。

 

女性の抜け毛の原因に合わせた対策を!

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

 

抜け毛には様々な原因があります。原因を知って、適切な対処法を見つけることが必要です。

 

食生活の改善

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

 

食生活は抜け毛に大きく影響すると考えられます。ダイエットや食事制限で摂取する栄養が足りなくなると、髪の毛まで栄養が行き渡らなくなり、髪の育成に必要な栄養が不足してしまいます。
髪の毛を育てるには、髪に必要な栄養をバランスきちんと摂取することが大切です。
ホルモンのバランスを整えるために、大豆製品でイソフラボンを摂ることも意識しましょう。
外食やコンビニ弁当でも足りない栄養を補っていけばいいので、サラダを足したり、フルーツを添えたりという工夫をしましょう。
不足しがちなビタミンやミネラルは、サプリメントで補うのも効果的です。

 

良質な睡眠をとる

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

 

睡眠の質を改善することも効果的です。成長ホルモンの分泌が活発になる22時から深夜2時に良質な睡眠をとることで、髪の毛の成長を促しましょう。
睡眠の質が悪いと、髪が成長しにくくなるだけでなく、慢性疲労やストレスの原因になってしまいます。
寝る前のスマホやPC操作はなるべく避けることや、寝る直前に食事をとらないなど、良質な睡眠をとるための対策をしていきましょう。

 

適度な運動をする

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

 

軽いスポーツで体を動かすことは、血流の改善や代謝を高める効果があり、ストレス発散などにもつながります。
ウォーキングやサイクリング、水泳などの有酸素運動を行い、十分に酸素を取り入れましょう。
逆に、ハードな筋肉トレーニングや短距離走などでは薄毛を改善する効果はあまり期待できません。

 

禁煙

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

 

タバコに含まれるニコチンは、血管を萎縮させ、体全体の血行を悪くします。もちろん頭皮の血行も悪くしてしまうのです。
禁煙すると必ず抜け毛が改善される訳ではありませんが、 頭皮の血行状態という観点からは、少なからず改善できると言えます。

 

冷え性の改善

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

 

冷え性を改善するために、半身浴や足湯などで末梢の血行を促進しましょう。半身浴で20分以上浸かると、少しずつ汗が出てきて、最終的にはダラダラと滴るほどに汗が流れ出します。
体内の血行が上昇し、手足や頭部のような末端までしっかり温まることができます。
また、和食中心の食事で、血液の流れに働きかける成分を含む食材などを積極的に摂るように心がけましょう。

 

カラーやパーマは美容院で施術する

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

 

パーマやカラーリングは、薬剤のタイプによって程度の違いはあるものの、髪や頭皮に少なからずダメージを与えます。
抜け毛を極力おさえたいのであれば、やはりパーマやカラーリングは避けたほうが良いでしょう。
しかし、どうしてもパーマやカラーリングをしたい場合は、自己流の染毛は避け、美容院などでプロの施術を受けるとよいでしょう。
事前に抜け毛や薄毛に不安があることを相談すれば、負担の少ない薬剤や施術方法を取り入れてもらえるかもしれませんし、施術をしても大丈夫かどうかのアドバイスも受けられたりします。

 

紫外線をカットする

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

 

外出する時には帽子や日傘を使って紫外線対策をしっかり行うようにしましょう。
またいつも同じところに髪の分け目があると、その部分だけ紫外線を浴びることになります。
分け目やヘアスタイルは、出来るだけ変えるようにして、同じところにばかり紫外線があたらないよう配慮しましょう。

 

ストレス発散する

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

 

抜け毛対策にはストレスを溜めないことも大切となります。慢性的なストレスは、血流の悪化や不眠などにつながり、抜け毛だけでなく健康面にも影響を与えてしまいます。
抜け毛を気にしすぎることも、ストレスにつながります。自分に合ったストレス解消法を見つけ、ストレスフリーな生活を目指しましょう。

 

正しいヘアケアを実践する

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

 

シャンプー時の抜け毛が気になるからといって洗髪しないのは逆効果です。頭皮に皮脂や汚れが溜まり、毛穴の炎症に繋がります。ただ、1日に何度もシャンプーしたり洗浄力の強いシャンプーで洗うことも、頭皮に刺激を与え、炎症の原因となります。正しい洗い方は「指の腹で揉みこむように洗う」もしくは「指の腹でなでるように洗う」です。顔を洗うのと同じ強さで洗いましょう。水だけでも汚れの80%は落とすことが出来るので、汚れを落とすのに力はいりません。
また、頭皮マッサージも抜け毛予防としてはかなり効果的です。お風呂上りの頭皮が温かいうちに、指の腹・手の平で頭を包み、頭皮を動かすように揉んであげると良いでしょう。
毎日のヘアケアの積み重ねが健康な髪と頭皮を作り、薄毛・抜け毛予防に繋がります。

 

自力での改善が難しい時は病院へ

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

 

ひどい抜け毛や薄毛の場合、専門の病院やクリニックで本格的な治療を受けることも必要です。
原因によって受診する病院が違うので、まずは原因から考えましょう。

 

@婦人科=妊娠・出産後、生理不順など、ホルモンバランスの乱れの可能性があるとき。
A皮膚科=頭皮のかゆみ・フケ・湿疹・炎症・吹き出物などの異常も伴っているなど、頭皮トラブルがあるとき。
B内科=抜け毛や薄毛以外にも体に何かしらの異変を感じている場合。内臓の疾患や甲状腺機能障害の可能性もあるとき。
C精神科=強いショックやストレスを受けるような、心理的要因に心当たりがあるとき。

 

さいごに

女性の抜け毛の原因は何?男性用の対策をしても治らない?|抜け毛110番

 

髪の毛が抜ける原因はさまざまです。いくつかの原因が重なり合っている場合もあります。
まずは、自分の抜け毛の症状を知り、原因を探りましょう。原因が分かれば、セルフケアで対処できる場合もあります。正しいヘアケアや対処法を試みて、薄毛の悩みから解放されたいですよね。

 

 

>>おすすめシャンプーランキングはこちら