女性の抜け毛予防にアミノ酸シャンプーが良いはウソ? | 抜け毛110番

MENU

女性の抜け毛予防にアミノ酸シャンプーが良いはウソ?

女性の抜け毛予防にアミノ酸シャンプーが良いはウソ? | 抜け毛110番

 

抜け毛対策にはアミノ酸シャンプーがいいって本当?

 

なんだか、アミノ酸シャンプーに変えてから、逆に抜け毛が増えたような気がする・・と感じたことはありませんか?

 

実は、アミノ酸シャンプーにしたからといって、抜け毛が減るわけではないんです。今回は、アミノ酸シャンプーの特徴と、抜け毛予防のための正しいシャンプーの選び方をご紹介いたします。

 

女性の抜け毛にアミノ酸シャンプーが良いと言われている理由とは

 

女性の抜け毛予防にアミノ酸シャンプーが良いはウソ? | 抜け毛110番

 

「アミノ酸系シャンプーが抜け毛に良い」とはいわれているものの、なぜ良いのかという明確な理由を知っている方は案外少ないものです。

 

実際、アミノ酸系シャンプーは多くの美容院やサロンで使用されている事実を見ても「アミノ酸系シャンプーは髪の毛に良い」ということは明らかでしょう。

 

そこでここでは「アミノ酸系シャンプーが抜け毛に良いとされる理由」について詳しくご紹介いたします!

 

石油系界面活性剤の恐怖

 

女性の抜け毛予防にアミノ酸シャンプーが良いはウソ? | 抜け毛110番

 

シャンプーの中には頭皮の脂や髪の毛に付着した汚れを落とすための「洗浄成分」が入っていますが、この洗浄成分は別名「界面活性剤」とも呼ばれています。

 

界面活性剤には「天然系」「石けん系」「アミノ酸系」「高級アルコール系」そして「石油系」などと細かく分類されますが、初めの天然系以外のものは全て「合成界面活性剤」といって人間が人工的に作りだした洗浄成分なのです。

 

そして、合成界面活性剤の中でも特に怖いものが「石油系界面活性剤」になります。

 

文字通り原料は「石油」なので、頭皮や髪の毛に良い影響を与えることはないですよね…ところが困ったことに、市販されているシャンプーの多くにはこの「石油系界面活性剤」が使用されているんです!

 

石油系界面活性剤には「洗浄力がとても強い」「キューティクルを破壊する」といった特徴があるため、長期間使用することで頭皮や髪の毛の必要な潤いまでも脱脂し、毛髪の傷みを促進させてしまいます。

 

恐ろしいことに、石油系界面活性剤が与える悪影響は頭皮や髪の毛だけに留まらず、なんと頭皮の毛細血管から石油系成分が浸透して「身体の中にまで影響を及ぼす」といわれている事実をご存知でしょうか?

 

石油系界面活性剤入りのシャンプーを使用されている方の中には、

 

  • 出産後の羊水のニオイがシャンプー臭かった
  • 頭皮がただれて脱毛した

 

という症状を感じたなんて話もあるほどです!

 

石油系界面活性剤はその「粒子の細かさ」ゆえ、髪の毛の内部にまで浸透したり皮膚の中に簡単に入り込み「経皮毒」となってしまう可能性が。

 

ネズミを使用して行われた石油系界面活性剤の実験では、背中に石油系シャンプーの原液を付けたネズミは出血・脱毛したり、ひどい場合は「皮膚が剥がれ落ちる」「内臓出血で死亡」なんてマウスもいたのだそう!

 

この結果を見ても、石油系界面活性剤入りのシャンプーが頭皮や人体に良いはずはありませんよね!

 

  • 近所のスーパーで手軽に買えるから
  • 安いから
  • 良い香りがするから
  • 好きな芸能人がCMしているから

 

といった理由で、気安く石油系界面活性剤入りのシャンプーを使用することはとっても危険といえるでしょう。

 

「私は肌が強いから大丈夫!」なんて思っている方でも、粒子の細かい石油系界面活性剤は知らず知らずのうちに身体の中に入り込んで毒性が蓄積されているものです。

 

特に「妊娠中」「授乳中」の女性であれば、体内に入り込んだ石油成分はダイレクトに赤ちゃんに伝わってしまう可能性大!
妊娠中のマウスに石油系シャンプーを塗布したところ、お腹の中の赤ちゃんが全て奇形になってしまったなんてショッキングな実験結果もあるくらい。

 

自分の身体のためにも、大切な子供たちがすくすく健康に育ってくれるためにも!

 

経皮毒の可能性が高い石油系界面活性剤入りのシャンプーは避けるようにしたいですね。

 

  • ラウレス硫酸〜
  • ラウリル硫酸〜

 

石油系界面活性剤が入っているシャンプーの成分表には、ほとんど上記から始まる成分が配合されているものです。

 

これらの成分名が「石油系界面活性剤入りのシャンプー」である証なので、シャンプーを選ぶときには必ず裏の成分表を確認してくださいね!

 

石鹸シャンプーのデメリット

 

女性の抜け毛予防にアミノ酸シャンプーが良いはウソ? | 抜け毛110番

 

石油系界面活性剤と同じく合成界面活性剤である「石けん系界面活性剤」が使用された石鹸シャンプーは、石油系と比較しても極めて毒性の低い界面活性剤といえます。

 

石油系シャンプーの原液を背中に塗ったマウスが悲惨な状態になったのに対し、石鹸シャンプーの原液を付けたマウスに特別な異常は見られませんでした!

 

ただ、石鹸シャンプーの特徴として「洗浄力が強すぎる」「髪の毛がきしむ」といったデメリットが挙げられています。

 

衣類の洗濯時などは、石けん系の洗剤で洗うと汚れや脂もスッキリ落とすことができて良いのですが…それを頭皮に使用するとなると、地肌の潤いを奪いすぎてしまいかねません。

 

よっぽどの脂性肌でない限り、石鹸シャンプーで頭皮環境を整えることは期待できないのが現実!

 

また、シャンプー時に髪に毛がきしむことで毛髪が絡まってしまいやすく、抜け毛の原因になることも多い様です。

 

石油系シャンプーでは「経皮毒」が心配ですし、身体に優しい石鹸シャンプーも頭皮環境を健やかに保ってくれるとはいい難い…。

 

これが「毒性がほとんどなく、程よい洗浄力があって頭皮に優しい」とされるアミノ酸系界面活性剤を使用した「アミノ酸系シャンプー」の需要が高まっている理由なんですよ!

 

アミノ酸シャンプーにしたのに抜け毛が増える?

 

女性の抜け毛予防にアミノ酸シャンプーが良いはウソ? | 抜け毛110番

 

サロンでもこぞって使用される「アミノ酸系シャンプー」ですが、実は万人にぴったりのシャンプーというわけではありません。

 

アミノ酸系シャンプーには「地肌に優しい」「毒性が少ない」といったメリットもありますが、デメリットについてもよくよく理解しておいてくださいね!

 

アミノ酸シャンプーのデメリットも理解しよう

「アミノ酸系シャンプーを使っているのに抜け毛が増える!」なんて声も少なからず挙がっているようです。

 

アミノ酸系シャンプーは確かに頭皮環境を整えやすい成分ではありますが、100%安全性が確保されているシャンプーでは決してないということを忘れないでください!

 

「アミノ酸系シャンプーを使用していれば大丈夫!」などと安心せず、アミノ酸系シャンプーが合わない人もいるということを知りましょう。

 

洗浄力が弱い

石油系シャンプーや石鹸シャンプーに共通することは「洗浄力・頭皮への刺激が強いこと」ですが、アミノ酸系シャンプーの洗浄力はマイルドで敏感肌の方やアレルギー性皮膚炎の方でも比較的トラブルが少なく使用することができます。

 

ただ、その優しい洗浄力ゆえ「汚れが落とし切れない」「頭皮に細菌が増殖する」という理由からシャンプー回数が増えてしまうなんてケースも発生する様です。

 

せっかく肌への刺激を抑えるためにアミノ酸系シャンプーを使用しているのに、汚れが落とし切れない不快感からシャンプー回数が増え、頭皮に刺激が与えられれば本末転倒!

 

いくら洗浄力の弱いシャンプーでも、1日に何度も洗ってしまえばそれだけ頭皮が刺激されたり必要な脂まで洗い取ってしまうことにつながります。

 

アレルギーが起きる可能性

そもそも「アミノ酸」とはたんぱく質をさらに細かくしたもので、人間もアミノ酸でできているため「髪の毛や肌に馴染みやすい」「頭皮の皮脂を過剰に摂りすぎない」といった特性があります。

 

ここの部分だけを聞くと「肌に優しいアミノ酸が原因でアレルギーなんて引き起こされるはずがない!」と思ってしまいがちですが、完全に安全で副作用のないシャンプーなんて存在していないのです。

 

  • 卵アレルギー
  • 小麦アレルギー
  • そばアレルギー
  • 花粉症

 

などは、人工物でなく「天然」のものですよね?

 

そんな毒性のない食品や植物にも過剰に反応してしまうのがアレルギーなんです!

 

いくら「肌に低刺激」であるといっても、アミノ酸系の成分によってアレルギーが引き起こされてしまう人もいるということを覚えておきましょう。

 

抜け毛予防はアミノ酸シャンプーでの洗い方がポイント

 

女性の抜け毛予防にアミノ酸シャンプーが良いはウソ? | 抜け毛110番

 

アミノ酸系シャンプーは石油系シャンプーに比べると、髪の毛がきしんだり絡んだりしがちです。

 

そんな「抜け毛につながってしまいやすい」ともいえる特性を持ったアミノ酸系シャンプーの上手な洗い方は、以下を参考にしてください。

 

  • 泡立ちが良くなるように2分程度は「予洗い」をする
  • シャンプーを毛先で十分に泡立ててから洗う
  • 髪の毛を強く引っ張ったりしない
  • すすぎは3分程度しっかりと行う

 

ただでさえ泡立ちの悪いアミノ酸系シャンプーですので、シャンプーをする前にシャワーで「予洗い」を行うことは必須中の必須!

 

38度くらいのぬるま湯で、頭皮や髪の毛をしっかりと濡らして大まかな頭皮脂や髪の毛に付着したゴミを洗い流しましょう◎

 

「頭皮や髪の毛の汚れはお湯で7割落とせる」ともいわれているので、予洗いをきちんとできるか否かがその後のシャンプーの泡立ちを左右するといっても過言ではありません。

 

泡立ちが悪いと「髪の毛のきしみ」「絡まり」をさらにひどくさせてしまう可能性もあるため、しっかりと予洗いの習慣を付けていってください。

 

それから「シャンプーの原液を直接頭皮に付けて泡立てる」という方はいませんか?

 

アミノ酸系シャンプーといっても、原液を直接地肌に付けてしまうのは刺激が強すぎです!

 

まずは両手でシャンプーの原液と適量のお湯を混ぜ合わせ、軽く泡立ててから毛先に塗布し十分に泡立ててください。

 

モコモコの泡になって初めて、泡で頭皮を優しく揉み洗いするのがアミノ酸系シャンプーの理想的な使い方!

 

サロンでシャンプーしてもらうときも、必ずここでご紹介したポイントが守られているものですよ。

 

抜け毛予防におすすめのアミノ酸シャンプーの選び方

 

女性の抜け毛予防にアミノ酸シャンプーが良いはウソ? | 抜け毛110番

 

様々な種類があるアミノ酸系シャンプー…。

 

ここでは「抜け毛予防におすすめのアミノ酸系シャンプー」をご紹介いたします!

 

アミノ酸入りでも石油系成分が無配合なわけではない

アミノ酸系シャンプーは確かに地肌への刺激が少ないものが多いです。

 

ただ、100%アミノ酸成分にしてしまうとどうしても「泡立ち」「洗浄力」が低下してしまいがちに…。

 

そこで各メーカーが考え出したのが「アミノ酸系界面活性剤と石油系界面活性剤のコラボレーション」です!

 

洗浄力の優しいアミノ酸系に泡立ち効果の高い石油系界面活性剤を混ぜて作られる、いってしまえば「偽アミノ酸系シャンプー」が広く流通してしまっている状況です。

 

シャンプーボトルに「アミノ酸系シャンプー」や「毛髪成分にアミノ酸使用」なんて書いてあったら、ほとんどの人が安心して購入してしまいますよね?

 

しかし!

 

よくよく成分表を見てみると…アミノ酸系界面活性剤の表記の横には「ラウレス硫酸…」「ラウレル硫酸…」と、石油系界面活性剤の成分が記載されているものが!

 

発売するメーカ側は少しでもコストを抑えてシャンプーを作りたいので、高価なアミノ酸系界面活性剤の配合率を減らし、その分安く入手できる石油系界面活性剤を使用してコストを削減する…という流れが定着してしまっています。

 

シャンプーを購入するときは「アミノ酸って書いてあるから安心なはず!」「オーガニック認定されているから大丈夫!」と過信せず、必ず石油系成分が配合されていないかを確認しましょう。

 

アミノ酸の種類が大切

アミノ酸系シャンプーの種類によっては、石油系シャンプー以上の刺激を持っているものも多く存在しています。

 

アミノ酸には様々な種類がありますが、「ココイルグルタミン酸塩」「ミリストイルグルタミン酸」などと表記されている「グルタミン酸系」のアミノシャンプーは頭皮に強い刺激を与えるとされていますよ!

 

抜け毛予防のために選ぶアミノ酸系シャンプーなら、頭皮に優しくて適度な洗浄力のある「タウリン系」のものをチョイスしてください。

 

表記は「ココイルメチルタウリン〜」「ラウロイルメチルタウリンNa」などと「タウリン」の名前が入っているので、簡単に見分けることができます!

 

他にもアミノ酸に非常に近い成分で、分類としてはアミノ酸系洗浄成分に分けられる「ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム」も汚れを優しく落として頭皮を健やかに保ってくれるのでおすすめ。

 

「アミノ酸なら何でも安心!」ではなく、きちんと種類を見極めることが大切です◎

 

添加物が少ない

「人工香料」「着色料」「パラベン」などの添加物が入っている場合、それらに刺激を受けて頭皮が乾燥したり痒くなってしまうことも考えられます。

 

ただし、添加物とは製品の質を安定させるためにも必要不可欠な成分であることから、添加物が一切入っていないシャンプーを探し出すことはとても難しいものです。

 

そこでおすすめしたいのが「添加物ができるだけ入っていないシャンプー」を選ぶということ!

 

  • 香料
  • 着色料
  • 清涼成分

 

などは、あくまでも「使用感を良くするため」「見た目を良くするため」に配合されています。

 

良い香りがしなくたって、シャンプーが綺麗に発色していなくたって、上記の成分は髪や地肌のためには別になくたっていいものです。

 

「髪の毛に良い香りをまといたい!」という方は、人工香料の入ったシャンプーを使用するのではなく髪の毛先に香水でも付けたほうがよっぽどマシ。

 

「シャンプー時にはメントール成分配合のものでスッキリしたい!」という方なら、天然成分であるハッカやミントといった清涼感の強いトニックウォーター等を地肌に塗布することでスッキリさせることができます。

 

この様に考え方を少し変えるだけで、添加物の少ないシャンプーをストレスなく使い続けることができるんです!

 

頭皮のためにも抜け毛予防のためにも、できるだけ添加物の入っていないシャンプーを使用するように心がけましょう。

 

高保湿成分入り

 

  • ホホバオイル
  • アルガンオイル
  • 椿油
  • 馬油

 

といった天然保湿成分が配合されたシャンプーは頭皮に必要な潤いを与え、地肌がシャンプーの刺激によって乾燥するのを防いでくれます。

 

「シャンプーに保湿成分は必要なの?」と疑問に思われる方も多いのですが、頭皮もお肌の一部分!

 

頭皮や髪の毛の潤いを奪ってしまいがちなシャンプーだからこそ、天然由来の保湿成分が入っているかどうかは頭皮環境を整えるために重要になってきます。

 

ノンシリコンでもきしまない

シリコンとは「髪の毛をコーティングしてツヤを出す」「毛髪の摩擦を軽減する」「柔らかさを出す」といった目的のため、人工的に作られた化学物質です。

 

石油系界面活性剤の毒性に比べれば頭皮や身体への刺激は少ないのですが、やはり人口化学物質なので人によっては頭皮環境の悪化を招いて抜け毛につながってしまう場合も…。

 

抜け毛が気になる方にとって「頭皮への刺激をどこまで軽減できるか?」が、抜け毛予防のポイントになってきます!

 

石油系シャンプーや添加物を除外すると共に、シリコン入りシャンプーもできるだけ避けた方が良いでしょう。

 

ただ、ノンシリコンシャンプーは「髪の毛がきしみやすい」「絡まりやすい」という使用感であることが多く、それが原因で抜け毛につながってしまう可能性も否めません。

 

そんな場合に有効なのが、先ほど説明した「天然由来の保湿成分」です!

 

天然由来の保湿成分には「髪の毛の潤いを保つ」「ツヤを出す」といった、シリコンの働きをしてくれるものが多く存在しています。

 

これら天然由来の保湿成分がしっかりと配合されたノンシリコンシャンプーなら、シリコンが入っていなくても「泡立ち良く」「滑らかな仕上がり」を実現してくれることでしょう!

 

アミノ酸シャンプー以外の女性の抜け毛予防対策

 

女性の抜け毛予防にアミノ酸シャンプーが良いはウソ? | 抜け毛110番

 

「日常生活でできる抜け毛対策」についてもお話をさせていただきます。

 

日々の基本的な生活習慣を見直すことは、実はシャンプーを変えるよりも重要だったりするんですよ!

 

食生活

 

女性の抜け毛予防にアミノ酸シャンプーが良いはウソ? | 抜け毛110番

 

「夏〜秋にかけて抜け毛が増加する」といわれていますが、それはなぜかご存知ですか?

 

原因の一つとして挙げられているのが「栄養不足」です。

 

夏場はどうしても食欲が落ちてしまいがちで、「うどん」「そうめん」など喉ごしが良いもので簡単に済ませてしまうことって多いと思います。

 

しかし、そんな食生活を続けているとかなりの確率で「栄養失調」が引き起こされてしまうもの!

 

体の中である栄養素が極端に不足してしまうと、「新陳代謝の低下」「血行不良」さらには「うつ症状発症」など心身面に大きな影響を与える様になります。

 

身体の機能が正常に働かなくなってしまうことで頭皮の血行が滞り、髪の毛に十分な栄養素が送られなくなった結果「抜け毛」「頭皮環境の悪化」を招いてしまうんです!

 

髪の毛や頭皮を健やかに保とうと思うのであれば、何でも良く食べて栄養バランスの整った食生活を意識しましょう◎

 

良質な睡眠

 

女性の抜け毛予防にアミノ酸シャンプーが良いはウソ? | 抜け毛110番

 

「頭皮環境の乱れ=抜け毛発症」と定義しても決しておかしくないくらい、頭皮環境を整えることは抜け毛予防に必要なこと。

 

しかし「睡眠時間が短い」「夜中度々目が覚める」「熟睡できない」という睡眠障害があると、どうしても身体の機能が低下して様々なホルモンバランスを崩してしまいがちに。

 

良質な睡眠時間を確保することで1日の疲れがスッキリ取れ、脳や神経系もリラックスされて身体の機能が整います。

 

すると「血行促進」「新陳代謝が活発になる」といった、抜け毛予防にも効果が期待できる体内環境に変化していくというわけ!

 

  • 毎晩の就寝時間を一定にする
  • 22時には就寝する
  • 寝室は真っ暗、無音にする
  • リラックス効果のあるアロマを使用する

 

など、まずは良質な睡眠を取るための環境を作ることが重要です。

 

夜勤勤務などで就寝時間がバラバラになってしまう方は、「アイマスク使用」「遮光カーテンに変える」といった方法で快眠できるように工夫してみてくださいね!

 

適度な運動

 

女性の抜け毛予防にアミノ酸シャンプーが良いはウソ? | 抜け毛110番

 

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • ヨガ
  • サイクリング

 

適度な運動をして汗をかくことは、新陳代謝を活発にして血行を促進させます。

 

血行が促進されれば頭皮環境も改善されやすくなるので、抜け毛に悩んでいる方や髪の毛がやせ細ってきた人にも良い影響を与えてくれるでしょう◎

 

運動の種類は何でもいいのですが、自分の負担にならないように「楽しんで続けられる運動」がベストですね!

 

できれば週に2回は運動をして汗を流し、気分もリフレッシュされることをおすすめしますよ。

 

頭皮マッサージ

 

女性の抜け毛予防にアミノ酸シャンプーが良いはウソ? | 抜け毛110番

 

抜け毛を予防するためには、とにかく「頭皮の血流を良くする」ことが大切です!

 

そこで効果的とされているのが「頭皮マッサージ」!

 

頭皮を指の腹で優しくつかみ、頭皮ごとゆっくりと動かしてマッサージしてみてください。

 

毎回のシャンプー時に行う習慣を付ければ、忘れることなく頭皮の血流アップを図ることができちゃいますよ。

 

ただし「強い力で刺激」「指先や爪を立ててマッサージ」という様なやり方をすると、返って頭皮が傷ついてしまう恐れがあるので要注意!

 

「弱すぎるかな?」と感じる力加減でも十分に血流アップの効果は期待できるので、赤ちゃんの頭を洗う様に優しくマッサージしましょうね◎

 

また、美容院で「ヘッドスパ」をしてもらうのもおすすめです!

 

プロに行ってもらう頭皮ケアはあまりの気持ち良さに爆睡してしまう人も多く、リラックス効果も抜群!ぜひカットやカラーのついでにヘッドスパもお願いしてみましょう♪

 

育毛剤

 

女性の抜け毛予防にアミノ酸シャンプーが良いはウソ? | 抜け毛110番

 

抜け毛が異常なほど増えてきているのであれば、シャンプーや食生活を見直すと同時に「育毛剤」の使用も考えてみましょう。

 

市販でも「医薬部外品」として、効果の期待できる育毛剤が販売されています。

 

ただ、市販の育毛剤の中には育毛成分の他にも「アルコール」「防腐剤」が入っているものが多く、それらの成分で返って抜け毛が増える場合もあるのだそうです!

 

市販で育毛剤を使用する場合はあくまで自己判断になってしまうので、できるだけ「添加物の入っていない」育毛剤を選ぶようにしたいですね。

 

「市販品は種類が多くて結局どれを使ったらいいのか分からない…」という方は、思い切って「薄毛治療を専門で行うAGA病院」「専門クリニック」などを受診されてみては?

 

ストレス発散

 

女性の抜け毛予防にアミノ酸シャンプーが良いはウソ? | 抜け毛110番

 

ストレスを上手に発散することは「自律神経の働きを正常にする」「ホルモンバランスを整える」という効果があるだけでなく、「血行促進」「抜け毛予防」にも◎

 

といっても、ストレス社会である現代ではなかなか思う様にストレス発散ができないものです…。

 

  • 海や山などの自然に触れる
  • 動物とたわむれる
  • 友達と思いっきり騒ぐ
  • ずっと欲しかったものを購入する
  • 新しい趣味を見つける
  • 定期的に運動する
  • 何かに没頭する

 

これらのストレス発散方法は一般的ではありますが、多くの方が実践されている定番の方法でもあるのでおすすめ!

 

また、量をコントロールできるのであれば「お酒の力」を賢く借りることもストレス発散の良い方法ですね◎

 

ただし、くれぐれも「飲みすぎ」「ヤケ酒」はしない様に!

 

お酒でストレスを発散させるためには「楽しいお酒の飲み方」をすることが鉄則ですよ!

 

自分の頭皮に合ったアミノ酸シャンプーを見つけよう

 

女性の抜け毛予防にアミノ酸シャンプーが良いはウソ? | 抜け毛110番

 

「アミノ酸シャンプー」と一言でいっても、その種類の多さには驚かされるものがあります。

 

「抜け毛予防のためアミノ酸系シャンプーに変えたい!」と思っている方に、最後にひとつだけアドバイスできるとすれば…「成分表をしっかり見ること!」です。

 

周りを見渡せば「偽アミノ酸系シャンプー」や「なんちゃってオーガニックシャンプー」などなど、消費者を騙して粗悪シャンプーを買わせようとCMやパッケージデザインに力を入れている商品の多いこと!

 

自分の髪の毛や大切な人の身体のためにも、しっかりとシャンプーの成分表を見て「刺激が少なく、人口添加物が入っていないもの」を選んでくださいね!

 

アミノ酸シャンプーならハーブガーデンがおすすめ

 

女性の抜け毛予防にアミノ酸シャンプーが良いはウソ? | 抜け毛110番

 

個人的に一押しのアミノ酸シャンプーといえば、ハーブガーデンシャンプーです。

 

前に市販のアミノ酸シャンプーを使っていたこともあるのですが、まさに、先ほどご説明したような「石油系+アミノ酸」のコラボレーションのものを使っていました・・。

 

成分表なんて昔は見なかったし、見てもどうせわからなかったので、そんなに危険なものがたくさん入っているなんて知りませんでした。

 

実際、ハーブガーデンシャンプーを使ってみたら、使用感は驚くほど違ってびっくり!

 

女性の抜け毛予防にアミノ酸シャンプーが良いはウソ? | 抜け毛110番

 

すっごい透明で、サラッとしてるんです!

 

あのねっとりとしたシャンプーの感じが全然ないので、「本当に大丈夫?これ泡立つの??」と心配になったほど。

 

ラック○→アミノ酸「系」シャンプーに変えた時も「サラッとしてる!やっぱ違うんだー」とか思いましたが、もうね、その比じゃないサラッと感です。

 

しかも!それでいて、ちゃんと泡立つから不思議です。

 

>>【体験レビュー】泡立ち抜群の写真はこちら

 

香りはものすっごいラベンダーなのですが、これもオーガニック慣れしていない人からすると、ちょっときつく感じるかもしれません。

 

ハーブティーとかよく飲む方だったら、かなり癒されますよ!あと、洗ってる最中はいい香りがするけど、乾かしきるとあまり香らないってところもポイントです。

 

シャンプーは「香り命」みたいな人(私)は、好きなヘアコロンを毛先につけるのがおすすめです。

 

シャンプーは頭皮のため!と割り切って本物のオーガニックを使う!

 

香りが欲しければヘアコロンやヘアオイルでまとう!

 

頭皮の抜け毛が気になる私はそうしています笑

 

なんちゃってオーガニックから卒業したい人には、ぜひおすすめですよ。

 

 

>>【公式】ハーブガーデンシャンプー詳細はこちら

 

 

>>おすすめのシャンプーランキングはこちら